おまとめローンで気をつけることとは

おまとめローンで気をつけることとは

今、どれくらいローンを抱えていますか。

 

多くの人は、住宅ローンや自動車ローンを抱えているでしょう。
子供がいる人であれば、教育ローンを抱えていることもあるかもしれません。

 

このように、どうしてもローンをいくつも抱えなくてはならない状況になっている人は多いです。

 

ただ、ローンがいくつもあるといつどのローンの返済をするのかで混乱することもあるでしょう。
少しでも返済を楽にするためには、ローンの一本化も必要かもしれません。

 

今では、おまとめローンが利用できる金融機関などが多くなりました。

 

何本もローンを組んでいる人なら、ぜひ利用したいと思うのではないでしょうか。
確かに、ローンをまとめたことで、かなり返済が楽になったと言う人はたくさんいます。

 

しかし、必ずしも返済が楽になるとは限りません。おまとめローンにも審査があります。

 

審査の結果で今利用しているそれぞれのローンの金利よりも高くなることもあるからです。
返済総額が高くなることも考えられます。

 

少しでも返済を楽にしたいと思っていても、審査結果で金利が高くなることがわかったら、
ほかの金融機関などに問い合わせたほうが良いでしょう。

 

多くの金融機関などで利用できるからです。他社で申し込んでみたら、
今の返済総額よりも少なくなると言うことも十分に考えられます。

 

審査基準が会社によってかなり違うからです。

 

安易に飛びつくのではなく、慎重に計算をしてより楽な返済になるように気をつけて利用してください。

プロミスでお金を借りる場合

プロミスのフリーキャッシングでお金を借りる場合、総量規制の対象となります。

 

総量規制とは2010年の改正貸金業法の完全施行により決められた規制です。
その内容は、消費者金融や信販会社がお金を貸す場合、年収の3分の1までを限度とするというものです。

 

この総量規制により、例えば年収が300万円ある方は100万円までしか借入することができません。

 

また、すでに借金がある場合にはその額も考慮されます。
すなわち、40万円の借金を負った人が新たに借入れをする場合には60万円までしかできません。

 

しかし総量規制にも例外があります。

 

事業者に対する融資、住宅ローンや自動車ローン、数種の借金を1つにまとめるおまとめローンなどが例外に当たります。
プロミスの商品でいえば、自営者カードローン、目的ローン、おまとめローンが例外です。

 

したがって、これらのサービスを利用する場合であれば、年収の3分の1を超える融資も可能です。

 

プロミスでお金を借りる場合、店頭や郵送のほかパソコンやスマートフォンを使ってインターネットで申し込むこともできます。
インターネットであれば、いつでもどこでも自分の好きな時間に申し込みが可能です。

 

契約可能額はその場で表示されます。

 

審査後の契約もインターネットで済ませれば、自宅にいながら融資を受けることができるので大変便利です。
しかも、平日の14時までに契約を済ませれば、その日のうちに融資を受けることもできます。

給料日前に助かるプロミス

少しお金を使いすぎた、急な出費があったなどで、給料日直前に厳しくなってきたという方もおられるでしょう。

 

もし家族や友人に借りられるのであれば、それはそれで良いですが、もし借りられない場合はどうしますか。
そんなお金が足りないピンチにこそ、プロミスで借りることを考えてみましょう。

 

これまでキャッシングをしたことのない方も多いはずです。

 

それでもプロミスは三井住友銀行系という信用もありますから、安心して利用しやすくなっています。
給料日の前にお金が足りなくなってきた場合などは、給料さえ手に入ればすぐに返済が可能になることが多くあります。

 

プロミスは、初回借り入れの際は30日の長期にわたって無利息期間が設けられています。

 

30日も無利息期間があると、かなり返済のめどが立てやすくなり、無利息で借入を全額返すこともできます。
キャッシングは、その審査や書類の準備など面倒なことが多いように思っている方もいるかもしれません。

 

しかし、50万円以下なら収入証明書類を原則不要としていて、速やかな貸し出しを実行してくれています。

 

実際にお金が足りなくなるのは少額のことも多いので、収入証明書類を必要としないことの方がほとんどといえるでしょう。
それでも他社ですでに借入があったり、勤務状態などで審査が通過できるか心配な場合には、とても簡単な借り入れ診断を試してみましょう。

 

診断はサイトに載ってあります。それから申し込むと、審査段階で断られる確率を大幅に減らせるでしょう。