銀行系カードローンに多い保証会社

銀行系カードローンに多い保証会社

ある程度収入に自信が出てきたときに、銀行のカードローンに申し込みました。収入350万円で限度額50万円のものに申し込んだのですが、審査には通らず、色々と原因を調べてみるとどうやら保証会社に原因があることが分かりました。以前、消費者金融の大手の会社のサービスを利用したときに2か月ほど借金の返済が遅れてしまったことがあり、その記録が残っていたために利用できなかったようです。

 

その消費者金融の会社が私が申し込んだ銀行のサービスの保証会社になっていたため、審査で落とされてしまいました。そこで、他の銀行のサービスを探してみるとそれらの銀行もその大手の消費者金融の保証が必要だったため、かなりがっかりしてしまいました。大手の消費者金融での借り入れに失敗していたことがこれほど影響するとは思っていませんでした。

 

結局借り入れをするのに消費者金融を利用して、無事に審査に通過できました。信用を一度失ってしまうと回復までにはかなり時間がかかるようで、会社によってその判断も異なっているとネット上で確認できました。利用者にはわからない部分だったので、個人的にはかなりショックです。

 

銀行のサービスでも、申し込みをする前に少しでも情報をチェックして、審査で落ちてしまわないようにした方が良いです。日頃の生活の様子や過去の延滞や滞納がかなり影響するので、注意して生活しておきましょう。5年ほど経過すると事故情報などもチェックされなくなるようなので、それまでは支払いミスや滞納はしないよう金銭管理をしっかりとしておき、他のサービスの利用でも支払いを遅らせないように心がけるとよいでしょう。

 

審査に通れなくても借り入れできるサービスは多いので、事前に他のサービスも見つけておくと借り入れまでの時間を節約できます。

 

過去の借入もしっかりとチェック

学生ローンの保証会社も確認

新たに借り入れを申し込む場合には、過去に借り入れたことのある会社名やサービス名、保証会社名はしっかり覚えておきましょう。これも自己管理の一部で、自分のことを自分で覚えていられないような人にお金を貸してくれるような甘い会社はありません。

 

過去、借り入れをした会社で、返済を遅らせたり、滞納をしていた場合には、審査に通過できない可能性もあります。特に自己情報ははっきりと残っているので、利用限度額に関係なく信用が落ちていれば新規の借入は許可してもらえません。

 

審査に落ちてしまった時にはしばらくは他のサービスでも申し込みはせずに、半年は空けてから申し込まないとさらにリスクが高い状況に陥ってしまいます。学生ローンなどを利用していた方はその保証会社も確認しておきましょう。

 

過去の借入も影響することがある

借入を利用できるかどうかは、その人の過去の利用状況や生活の様子で判断されます。いくら収入が十分あっても支払いができないならば、お金を貸してはくれません。支払いの延滞や滞納などの事故情報が多い場合には、かなりリスクが大きくなっているので、安全に借り入れを使用したいならば、日々の生活での支払いもしっかりとチェックしておきましょう。

 

過去に自己情報が掲載されていれば、最悪の場合、そこから5年間は新しい借り入れはできないと考えたほうが良いです。お金の支払いが遅れるということはそれだけ大きな負担になってしまうので、審査を受ける前に自分の情報は少しでも把握しておくとよいです。審査に落ちたという記録もあまり良くない記録として残るので、むやみに審査をうけすぎないようにしてください。

 

銀行系サービスは保証会社の審査が重要

銀行系のカードローンやキャッシングは、保証会社が必ずついています。担保や保証人を求められるサービスもありますが、利用限度額が50万円を超えないようなサービスでは保証人ではなく、機関保証を頼ることになります。その分、審査は簡単になっていますが、機関保証の審査に通過できなければ借入はできません。

 

多くの場合、機関保証は大手の消費者金融や機関保証を専門に行っている会社があてられるので、過去に借り入れがあった場合にはその個人情報をすでに持っている場合もあります。電話番号や氏名、生年月日、住所から簡単に個人を特定されるので、借金で問題を起こしたことがある方は特に注意しましょう。

 

保証会社をチェックして、過去にトラブルがあった会社の場合には、システムチェックで落とされてしまうことも多いので申し込まないほうが安全です。