仕事が長続きしないという自業自得によるピンチ

仕事が長続きしないという自業自得によるピンチ

私は20代前半の時、多少は貯金もあるし、この会社ではもう仕事をしたく無いし、次の仕事もすぐに決まるだろうと思ったので勢いで仕事を辞めてしまいました。予想した通り、仕事は2週間程度で決まりました。しかし、いざ仕事が始まってみると自分には向いていないと感じて、三週間ほどで仕事を辞めてしまいました。

 

一月ほど前同様、また仕事をしていないことで時間はあったので、ゲームセンターなどで無駄にお金を使ってしまうという日々が続きました。まだ貯金はありましたが、いつまでもこの生活は良くないと思い、仕事を探した結果、次の仕事も無事に決まりました。しかし、会社の考え方ややり方が合わず、二週間ほどで退職を決断しました。

 

就職してもすぐに辞めてしまったため、収入と支出のバランスが完全に崩れ、貯金も着実に減っていきました。私の中で、「さすがに次も同じ過ちありえない」と思い、慎重に職探しを行いました。これまでは、面接に行って採用という返事をもらえた会社には必ず行きましたが、今回は面接時にも質問事項をきちんと考えてから臨み、自身に合わなそうだと感じた会社には、採用の連絡をもらった場合にも辞退するということが続きました。

 

面接をしては辞退するという生活の中でも着実にお金は減っていき、このまま仕事をしていない生活が続いてしまうと、どれだけ節約して頑張っても一月ほどしか生活出来ないという貯金残高まできてしまいました。慎重になるのは良いけど、なりすぎてもいけないと思い直して面接に行った会社は「ここなら続けられるかも」と思えたので、入社しました。

 

最近入社した会社では超えられなかった一月の壁を超えることが出来ましたが、気付くと、私の貯金残高は数千円というところまでいっていました。このままだと親にお金を借りないといけない、ガソリンさえ入れられないというところまでいきましたが、何とか、親に借りる必要も、ガソリンも無くなることなく持ちこたえ、月末の給料日を迎えることが出来、生き延びることが出来ました。